福岡の歯医者がオススメする歯科医院ポータルサイト

歯医者さんがオススメする歯科医院

エリア

  • 福岡市早良区
  • 福岡市博多区
  • 福岡市西区
  • 福岡市東区
  • 福岡市中央区
  • 福岡市城南区
  • 福岡市南区

  • 北九州市戸畑区
  • 北九州市若松区
  • 北九州市小倉南区
  • 北九州市小倉北区
  • 北九州市八幡西区
  • 北九州市八幡東区
  • 北九州市門司区
  • 筑紫野市
  • 大牟田市
  • 太宰府市
  • 久留米市
  • 朝倉郡
  • 宗像市
  • 遠賀郡
  • 筑後市
  • 八女郡
  • 京都郡
  • 田川郡
  • 田川市
  • 飯塚市
  • 糸島市
  • 春日市
  • 柳川市
  • 嘉穂郡
  • 古賀市
  • みやま市
  • 中間市
  • 八女市
  • 行橋市
  • 糟屋郡
  • 大野城市
  • 嘉麻市
  • うきは市
  • 直方市
  • 大川市
  • 小郡市
  • 福津市
  • 豊前市
  • 筑紫郡
  • 宮若市
  • 朝倉市
  • 三井郡
  • 三瀦郡
  • 鞍手郡
  • 築上郡

条件で絞り込む


詳細検索

【地道な努力が最善の治療】歯周病予防には毎日のケアが重要

歯周病治療において最も効率的な治療方法とは何でしょうか?

基本的な歯周病治療は歯周病の原因となる歯石を取り除き、歯を支える歯周組織を正常な状態に戻すことを行います。

しかし、一度歯周病になってしまうと進行をストップさせることはできますが、元の状態まで回復させることは極めて難しいことです。

歯周病に限ったことではございませんが、歯周病になったら治療を行うのではなく、歯周病にならないように予防を行うことが重要です。

今回は歯周病について重要な「予防方法」についてご紹介をいたします。



歯周病は本当に怖い病気です!


歯周病は日本人の約8割が掛かっているとも言われている病気です。

すごい確率ですよね!

もちろん歯周病にかかっている方全員が重篤な状態にあるわけではございません。

歯周病も進行度合いにより、軽度な状態から重度な状態まで様々です。

しかし、軽度な歯周病だからと言って侮ってはいけません。

歯周病の怖いところは進行に痛みを感じにくいことです。

虫歯のように痛みを感じれば、すぐに歯科医院に予約をして治療を始める方が大半だと思います。

しかし、歯周病は痛みを感じにくいためジワジワと進行していき、気付いた時にはかなり進行していたということも多くあります。

また、虫歯の治療で来院された患者様で、進行した歯周病が見つかることも珍しくありません。


歯周病の恐ろしいところはもう一つあります。

それは適切な治療を行っても、自力で元の状態にまで回復することが極めて難しいところです。歯を支えている骨が歯周病が原因で溶けてしまったり、歯茎が痩せてしまうと元通りにするのは困難なことなのです。

そのため、これ以上進行をさせない状態にするのが歯周病治療の大きな目的です。

もとに戻らないものだと意識すると、途端に怖くなってきませんか?

しかも、それが気付かないうちにジワジワと進行していくことを考えると、油断は禁物です。

冒頭でも簡単に触れましたが、歯周病にとって最も効果的なことは予防と早期発見です。

歯周病に限ったことではございませんが、まずは病気にかからないことが重要なので、そのためには何を行うべきなのかを次にご説明いたします。



歯周病予防は日々の小さな努力にあり!


歯周病を予防する効果的な方法は毎日の適切な歯磨きです。


えっ!?そんなこと?


と思いますよね。

ですがこれがとても大切な事なんです。

歯周病の原因となるのは歯周病菌という細菌です。

歯周病菌は食べ物を食べた後に、歯磨きが不十分だった時にできる歯垢の中に潜んでいます。

歯垢の中には歯周病菌だけでなく、虫歯菌など様々な細菌が存在しています。

そして、この歯垢が長時間お口の中の残っていると硬い物質に変化します。

これを歯石と言います。

歯石は歯にべったりと張り付き、歯ブラシだけでは落とすことができません。

こうなると歯科医院で専門的な器具を使い除去する必要があります。

もちろん歯石の中にも歯周病菌はたくさん潜んでいます。

そのため、歯磨きをしっかり行い、お口の中に歯垢を残さないことがとても重要です。


自分では上手く磨きていたと思っていても、意外と歯垢は残っているものです。

どんなに丁寧に歯磨きを行ったとしても、歯ブラシだけでは全体の約6割しか汚れを落とすことができないと言われています。

これは歯と歯のわずかな隙間には歯ブラシの毛先が入りにくく、わずかに汚れが残ってしまうことが原因です。

そのため歯間ブラシやデンタルフロスといったケア用品を使用することにより、歯ブラシでは行き届かない場所にある汚れを落とすことができます。

ここまで頑張って落とせる汚れは8割位になります。

残りの2割は自力で落とすことがほぼ不可能と言われているので、歯科医院で専用の器具を使う必要があります。


歯磨きと並行して歯周病を予防するのに大切なことがあります。

それは、歯科医院で行う定期検診です。

歯科医院は虫歯になったり何か異常が起きてから行くものだと思っている方が大半だと思います。

しかし、定期的に歯科医院で検診を行うことで、歯や歯茎に異常がないかのチェックを行うことができます。

これにより歯周病や虫歯なども初期症状の段階で見つけることも可能です。

初期状態の治療であれば時間もコストも少なくて済みます。

特に歯周病は自分で気付くことが難しいので、3ヶ月に1回くらいのペースで検診を行うことで進行する前に治療を行うことができます。

一生自分の歯で食事を行えるようにするためにも、適切な歯磨きと並行して歯科医院での定期検診を行うとよいでしょう。



まとめ


歯周病にはこれを行えばすべて解決するといった必殺技のような治療はありません。

そのため、大切なのは予防です。

歯周病予防には毎日の適切な歯磨きは欠かせません。

今まで歯ブラシだけで歯磨きを行っていた方は、歯間ブラシやデンタルフロスを使用して歯と歯の隙間などに付着している汚れも落とすようにしましょう。

また、歯科医院に定期的に検診に通い、虫歯や歯周病になっていないかのチェックを行いましょう。

お口の中への健康に意識を高めれば、一生自分の歯で食事を楽しむことも可能になってきます。

歯科医院を上手く活用してお口の中の健康を守っていきましょう。