福岡の歯医者がオススメする歯科医院ポータルサイト

歯医者さんがオススメする歯科医院

エリア

  • 福岡市早良区
  • 福岡市博多区
  • 福岡市西区
  • 福岡市東区
  • 福岡市中央区
  • 福岡市城南区
  • 福岡市南区

  • 北九州市戸畑区
  • 北九州市若松区
  • 北九州市小倉南区
  • 北九州市小倉北区
  • 北九州市八幡西区
  • 北九州市八幡東区
  • 北九州市門司区
  • 筑紫野市
  • 大牟田市
  • 太宰府市
  • 久留米市
  • 朝倉郡
  • 宗像市
  • 遠賀郡
  • 筑後市
  • 八女郡
  • 京都郡
  • 田川郡
  • 田川市
  • 飯塚市
  • 糸島市
  • 春日市
  • 柳川市
  • 嘉穂郡
  • 古賀市
  • みやま市
  • 中間市
  • 八女市
  • 行橋市
  • 糟屋郡
  • 大野城市
  • 嘉麻市
  • うきは市
  • 直方市
  • 大川市
  • 小郡市
  • 福津市
  • 豊前市
  • 筑紫郡
  • 宮若市
  • 朝倉市
  • 三井郡
  • 三瀦郡
  • 鞍手郡
  • 築上郡

条件で絞り込む


詳細検索

赤ちゃんでも虫歯になるって本当?3歳までの虫歯予防が大切です

みなさんもご存知の通り生まれたての赤ちゃんは虫歯になりません。そもそもまだ歯も生えていないからです。

ではいつ頃からどうして虫歯なるのでしょうか?

今回は赤ちゃんが虫歯にならないため、3歳までの虫歯予防についてご紹介していきます。

赤ちゃんの虫歯は周りの大人、特にお父さんやお母さんが気をつけてあげるべきところばかりです。ぜひ参考にされてください。


<目次>

■虫歯ってどうしてなるの?

■虫歯菌の大好物は甘いもの?

■赤ちゃんの虫歯予防

■赤ちゃんが虫歯になってしまったら?

■まとめ



■虫歯ってどうしてなるの?


虫歯は虫歯菌という細菌によってなります。

その中でも悪質なのがミュータンス菌です。

ミュータンス菌の表面には螺旋状になった突起物があり、歯の表面にねじ込むようにして張り付きます。

これを歯垢(プラーク)といいます。

そしてミュータンス菌が集まって歯の表面に膜をはります。この膜のことをバイオフィルムといいます。

歯の表面についた歯垢にミュータンス菌がすみつき、糖をエサにして酸を出します。

そしてこの酸が歯のエナメル質を溶かしていくことによって虫歯になります。

もともと生まれたての赤ちゃんにはこのミュータンス菌がいません。

それではこのミュータンス菌はどこからやってくるのか?

母親や周りの大人から感染します。
特に乳歯が生え始める生後10か月から3歳の間が一番感染しやすい期間です。


・愛情表現でのキス

可愛い赤ちゃんには愛情表現でキスをしたくなりますが、この時に母親の唾液から赤ちゃんへミュータンス菌がうつります。


・口移しでの食事

離乳食になった時は柔らかい食べ物を食べるようになります。
お母さんが食べ物を噛み砕いて赤ちゃんに与えることによって食べ物と一緒にミュータンス菌がうつります。


・同じ食器を使う

離乳食を食べさせる時に、お母さんが日頃使っている箸やスプーンなどで
離乳食を与えることでもミュータンス菌がうつります。


母親に大量にミュータンス菌がいると歯磨きしただけでは追いつきません。
歯磨きよりもミュータンス菌を感染させない方が大切ですね。



■虫歯菌の大好物は甘いもの?



昔から「甘いものを食べると虫歯になる」と言いますが、糖分を多く含む甘いものはミュータンス菌の大好物。

ミュータンス菌は糖分をエサにして酸を出します。

そしてその酸が歯を溶かし虫歯になります。



■赤ちゃんの虫歯予防



虫歯になるメカニズムがだんだん分かってきましたね。
それでは赤ちゃんの時から実際どんな予防をするといいのでしょうか?

次の4つが大切です。


① 母親や周りの大人からミュータンス菌を感染させない

② 赤ちゃんの歯磨きは母親がしっかりおこなう

③ 甘いもの(糖分が含まれているもの)を与えない

④ フッ素コーティングを行う



詳しくは

・母親や周りの大人からミュータンス菌を感染させない

これは一番の予防になり周りの大人が気をつけるべきところです。
歯は一生大切にしていかなければならないものです。
一度菌がうつってしまったらもう元には戻らないので、ぜひキスをしたり口移しでものを食べさせたりしないようにしましょう。


・赤ちゃんの歯磨きは母親がしっかりおこなう

赤ちゃんの時にはまだ歯も生えそろっていない場合もあるかと思いますが3歳くらいになるとだんだん歯も生えそろってきます。
自分で歯磨きをやりたいと言い出したとしても、必ず最後はお母さんがしっかり赤ちゃんの歯を観察しながら1本につき20回くらいを目安に磨いてあげましょう。


・甘いものを与えない

特に歯の生え揃う3歳くらいまでの間には糖分を含んだ甘いものを与えないことをおすすめします。
いちばんミュータンス菌が住みつやすい期間だからです。
先ほども説明したようにミュータンス菌は糖分が大好きです。虫歯菌の大好物を与えないようにしましょう。


特に虫歯になりやすいおやつ

・ケーキ
・チョコレート
・クッキー
・ジュース

どれも砂糖を大量に使っているし、歯に残りやすいものばかりですね。

どうしても欲しがってしまう場合は、食べた後に必ず歯磨きをする。

またダラダラ与えずに「おやつの時間を決めて、その時間以外は与えない」ということを行うだけでも効果的です。


・フッ素コーティングをおこなう

歯が生えてきたときの予防としておすすめです。歯医者でフッ素コーティングをしてもらいましょう。
フッ素を歯に塗ることによって汚れや歯の質を強くしてくれます。

歯科医院で使用するフッ素は市販で売られているフッ素入り歯磨き粉よりも濃度が高いので、細い部分まで浸透させることが可能です。

3か月に一度定期検診も兼ねて虫歯のないうちからフッ素で歯をコーティングすると虫歯予防に効果的です。



■赤ちゃんが虫歯になってしまったら?



どんなに気をつけていても虫歯になってしまうことはあると思います。
そんな時は早めに歯医者さんにいきましょう。
なんでも初期が大切です。初期だと治療もすぐに終わるし、痛むこともありません。



■まとめ



いかがでしたか?やはり赤ちゃんの時には母親や周りの大人が気を付け、意識することが必要だとお分かりいただけたかと思います。

とはいえ毎日一生懸命子育てをしているとついつい忘れてしまうことだってあります。

ついつい疲れて手を抜いてしまうこともあるでしょう。

そんな時はプロの力をかりることをおすすめします。

定期検診に行くだけでも早く虫歯を治療することができたり、歯ブラシの使い方を教えてもらったり、歯についてのアドバイスも聞けるのでぜひ早いうちから歯科に通う習慣をつけてもらえればと思います。